実績と研究開発Q&A技術資料
木材保存剤・シロアリ防除剤/製品情報シロアリを発見!したら/シロアリ情報・駆除と予防特約工事店・施工店
HOME > 製品情報 > クロチアニジン配合製品 > タケロックシリーズ > 低臭性木部処理用複合製剤 タケロックSP20W
製品情報

低臭性木部処理用複合製剤 タケロックSP20W

水で20倍希釈。 溶剤をほとんど含有しない低VOC (ほとんど臭わない) なので、 生活する人や作業する人の安全性にも配慮しています。

特長 |性状 |認定機関 |使用方法 |タケロックSP20W性能試験 |
タケロックSP20W安全データ |
安全データーシート(SDS)ダウンロード |

特長

  1. ほとんど臭わない低VOC
  2. 忌避性なく、シロアリ防除に効果的
  3. 有効成分は毒劇法非該当、優れた安全性と効力持続性を発揮
  4. 防腐成分(フロアブル剤、乳剤)+防蟻成分(マイクロカプセル剤)の複合製剤

適用効果

木部の防腐・防カビ・シロアリの予防、駆除

性状

  1. 有効成分:クロチアニジン(0.1%)プロピコナゾール(0.7%) IPBC(0.3%)
    (有効成分濃度は20倍希釈時)
  2. 外 観:類白色の粘稠液体
  3. 包装容量:0.9kg×10本/ケース
  4. 比 重:1.09(20℃:原液)

認定機関

(公社)日本しろあり対策協会認定薬剤 (認定番号 第7313号)
(公社)日本木材保存協会認定薬剤 (認定番号 A-5410)

使用方法

対 象 木材含水率 処理方法 標準使用量 希釈して使用
木材 乾燥した木材
*針葉樹25%以下
*広葉樹20%以下
ハケ塗り
吹付け
4〜5m2/L
0.2〜0.25L/m2
20倍希釈
(本剤0.9kgに対して水を加え
全量を18Lとする)

タケロックSP20W性能試験

  • (1)防蟻効力試験(室内試験:総合試験)
    試験機関:近畿大学
    試験方法:(公社)日本木材保存協会規格(JWPAS-TW-S.1)による。
種別 死虫率% 質量減少率%
最大 最小 平均 最大 最小 平均
処理試験体 耐候操作あり 100-100 100 0.1-0.5 0.24
無処理土壌 12-18 15.0 20-25 21.6

合格基準は質量減少率3%未満

  • (2)防蟻効力試験(野外試験)
    試験地:鹿児島県日置郡高橋潟国有林
    試験期間: 平成15年10月〜平成17年12月
    試験方法: (公社)日本木材保存協会規格(JWPAS-TW-S.2)による 。
種別 食害度 備  考
  0 0
処理試験体1
処理試験体2
処理試験体3
処理試験体4
処理試験体5
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
無処理試験体は1年目に食害度が50であったため取り替えた。2年目も再度食害度は50であった。
処理試験体の食害指数 0 0  

合格基準は2年間食害なし

  • (3)防腐試験
    (公社)日本木材保存協会規格(JWPAS-FW-S.1)による。
    試験機関:近畿大学
供試菌 樹種 吸収量(g/m2)

質量減少率(%)

最大 最小 平均
オオウズラタケ スギ 109.3 1.2 0 0.5
0 53 26 32.7
カワラタケ ブナ 117.8 2.6 0.4 2.1
0 37.4 24.8 35.3

合格基準は質量減少率3%未満。

  • (4)防カビ試験(JWPA規格第2号) 規格に適合。
  • (5)鉄腐食性試験(JWPA規格第5号) 規格に適合。
  • (6)吸湿性試験(JWPA規格第6号) 規格に適合。

タケロックSP20W安全データ

使用時の20倍希釈液として

  1. 急性経口毒性 : LD50>2000(mg/kg) (希釈液:ラット)
  2. 急性経皮毒性 : LD50>2000(mg/kg) (ラット)
  3. 眼粘膜刺激性 : 刺激性なし(ウサギ)
  4. 皮膚刺激性 : 軽度の刺激性(ウサギ)
  5. 皮膚感作性 : 感作性なし(モルモット)
  6. 魚毒性: LC50 10〜100(mg/L) (96時間:コイ)
    EC50 1.0〜10(mg/L) (48時間:オオミジンコ)

*使用に際しては製品容器やカタログに記載されている"使用上の注意"、"取扱い上の注意"をお読みください。





ページトップへ ▲