木部

タケロック8WS乳剤

木材防腐・防蟻・防虫剤

タケロック8WS乳剤 タケロック8WS乳剤

水での希釈で乳化する乳化剤タイプ
木材へ深く浸透します。

水で8倍希釈して使用します。木材へ深く浸透し、カビや腐朽、シロアリからブロックします。臭気が少なく、生活する人や作業する人の安全性にも配慮しています。
※マイクロカプセル剤ではありません。

白蟻防除業者専用

適用効果 木部の防腐及び木材害虫(シロアリ・ヒラタキクイムシ)の防除
有効成分 クロチアニジン(0.8%)、ヘキサコナゾール(2.4%)、IPBC(4.0%) ※有効成分は毒物及び劇物ではありません
外観 淡黄色の液体
容量 4L、16L
認定機関 (公社)日本しろあり対策協会〈登録番号 第7324号〉
(公社)日本木材保存協会〈認定番号 A-5441〉

※JIS K 1571に記載の表面処理用木材保存剤にかかる性能基準に適合する製品

使用方法

対 象 木材含水率 処理方法 希釈後の標準使用量 容量希釈法
木材 乾燥した木材
針葉樹25%以下
広葉樹20%以下
ハケ塗り
吹き付け
3〜5m2/L
0.2〜0.3L/m2
本剤 1L
水 7L
浸漬(3~30分)

タケロック8WS乳剤性能試験

(1)防蟻効力試験(室内試験:総合試験)

試験機関:
近畿大学農学部
試験方法:
JIS K1571:2010
5.3 防蟻性能
5.3.1 室内試験
5.3.1.2表面処理用による
供試薬剤名:
タケロック8WS乳剤 濃度 使用濃度(8倍希釈)
試験体 薬剤吸収量
(g/m2
死虫率(%) 質量減少率(%)
平均 最大-最小 平均 最大-最小
処理試験体 114 98.7 93.3-100 0.4 0.3-0.6
無処理試験体 0 22.1 8.0-32.0 32.2 25.3-42.7

以上の結果からタケロック8WS乳剤は性能評価基準を満たしている。
(合格基準は平均質量減少率3%以下)

(2)防蟻効力試験(野外試験)

試験機関:
近畿大学農学部
試験方法:
JIS K1571:2004
4.3 防蟻性能
4.3.2野外試験
4.3.2.2表面処理用による
供試薬剤名:
タケロック8WS乳剤 濃度 使用濃度(8倍希釈)
試験体 食害度 備考
1年目 2年目
処理試験体1
処理試験体2
処理試験体3
処理試験体4
処理試験体5
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
無処理試験体は1年目に食害度が50であったため取り替えた。
2年目も再度食害度は50であった。
処理試験体の
食害指数
0 0

以上の結果からタケロック8WS乳剤は性能評価基準を満たしている。
(合格基準は食害指数10未満)

(3)防腐効力試験

試験機関:
近畿大学農学部
試験方法:
JIS K1571:2010
5.2 防腐性能
5.2.1 室内試験
5.2.1.2表面処理用による
供試薬剤名:
タケロック8WS乳剤 濃度 使用濃度(8倍希釈)
試験体 供試菌名 薬剤吸収量(g/m2) 質量減少率(%)
平均 標準偏差
処理試験体 オオウズラタケ 114 0 0.3
カワラタケ 111 0 0.1
無処理試験体 オオウズラタケ - 39 3.8
カワラタケ - 18 6.2

以上の結果からタケロック8WS乳剤は性能評価基準を満たしている。
(合格基準は平均質量減少率3%以下)

(4)鉄腐食性試験

試験機関:
近畿大学農学部
試験方法:
JIS K1571:2010
5.4 鉄腐食性能 5.4.2表面処理用による
供試薬剤名:
タケロック8WS乳剤 濃度 使用濃度(8倍希釈)
試験体 薬剤吸収量(g/m2) 質量減少率(%) 鉄腐食比
平均 標準偏差
処理試験体 111 0.74 0.13 0.8
無処理試験体 - 0.93 0.1 -

以上の結果からタケロック8WS乳剤は性能評価基準を満たしている。
(合格基準は鉄腐食比2.0以下)

(5)防かび効力試験(社内データ)

試験機関
:自社
試験方法:
(公社)日本木材保存協会 旧規格に準拠し試験体を調製
ただし、供試菌については以下5種を混合したもので実施
供試菌:
Aspergillus niger, Penicillium funiculosum, Aureobasidium pullulans,
Trichoderma virens, Rhizopus oryzae
供試薬剤名:
タケロック8WS乳剤 濃度 使用濃度(8倍希釈)
試験体 評価値
処理試験体 0
無処理試験体 3

評価値
0:試験体にかびの生育が全く認められない。
1:試験体の側面にのみかびの生育が認められる。
2:試験体の上面の1/3以下にかびの生育が認められる。
3:試験体の上面の1/3以上にかびの生育が認められる。

タケロック8WS乳剤安全データ(製剤として)

急性経口毒性 LD50>2000mg/kg (ラット)
急性経皮毒性 LD50>2000mg/kg (ラット)
急性吸入毒性 LC50>3.33mg/L (4時間、ラット)
眼刺激性 刺激性なし(ウサギ)
皮膚刺激性 中等度の刺激性(ウサギ)
皮膚感作性 感作性なし(モルモット)
魚毒性 LC50(96時間)10〜100mg/L(コイ)
EC50(48時間)1〜10mg/L(オオミジンコ)

*動物愛護の観点から最近は急性経口・急性経皮毒性とも最大2000mg/kgまでの試験となっています。
*使用に際しては製品容器やカタログに記載されている"使用上の注意"、"取扱い上の注意"をお読みください。