木部

ファーストガードWR

天然物由来 水性木材保存剤

ファーストガードWR ファーストガードWR

  • ■ 植物生まれの天然成分配合
  • ■ 使いやすい水性タイプ
  • ■ 木部への高浸透性

“植物生まれ”のシロアリ防除剤

ヤシ油脂肪酸、ヒバ中性油などを配合した、環境に優しい天然系防蟻剤です。
ファーストガードは農薬成分を一切使用していません。

適用効果 木部の防腐及びシロアリの防除
有効成分 ヤシ油成分(カプリン酸)、ヒバ中性油、菜種油など
外観 乳白色の液体
容量 16L

使用方法

対 象 木材含水率 処理方法 標準使用量
木材 乾燥した木材
針葉樹25%以下
広葉樹20%以下
ハケ塗り
吹き付け
3〜5m2/L
0.2〜0.3L/m2
浸漬(3~30分)

施工手順

使用方法と施工手順01

塗る面のごみ、ほこりを取ってください。

使用方法と施工手順02

缶を逆さまにしてよく振り、ふたをはずして棒などで缶の底までよくかきまぜて、うすめずにそのままお使いください。

使用方法と施工手順03

ハケで塗布してください。

ファーストガードWR性能試験

(1)防蟻効力試験(室内試験:参考データ)

試験機関:
近畿大学農学部
試験方法:
(公社)日本木材保存協会 旧規格
(塗布・吹付け・浸せき処理用木材防蟻剤の防蟻効力試験方法、室内試験方法)
供試薬剤名:
ファーストガードWR
試験体 薬剤吸収量
(g/m2
死虫率(%) 質量減少率(%)
平均 最大-最小 平均 最大-最小
処理試験体 データなし 24 20-28 0.5 0.3-0.6
無処理試験体 0 22.1 8.0-32.0 32.2 25.3-42.7

ファーストガードWR安全データ(原体として)

急性経口毒性
(主成分カプリン酸として)
LD50>2000mg/kg (ラット)
急性経皮毒性
(主成分カプリン酸として)
LD50>2000mg/kg (ラット)

*動物愛護の観点から最近は急性経口・急性経皮毒性とも最大2000mg/kgまでの試験となっています。
*使用に際しては製品容器やカタログに記載されている"使用上の注意"、"取扱い上の注意"をお読みください。
*主成分である天然由来のカプリン酸は、施工部位の環境条件(高温・多湿・カビ発生)により、早期に分解し、効果が低下する場合がございます。