イエシロアリミゾガシラシロアリ科 地下シロアリ

図鑑リスト:

イエシロアリの見分け方

兵蟻の頭部は卵形で体長の約1/3の長さです。虫に触れると頭部先端から乳白色の粘液(防御物質)を出します。

  • イエシロアリ -放出後-
  • イエシロアリ
  • 職蟻

    職蟻

  • 兵蟻

    兵蟻

  • 羽蟻

    羽蟻

  • 羽蟻

    羽蟻

特徴

羽蟻 体長 7.4〜9.4 ㎜
体色 黄褐色で頭部は暗褐色(羽の色は淡黄色・半透明)
群飛時期 6〜7月の夕方から夜
兵蟻 体長 3.8〜6.5㎜
地中や建築物などに特別に加工した、塊状の大きな巣を作ります。
大きなコロニーでは 100 万匹を超えることもあります。
個体数 数十万~最大300万頭
移動距離 100m
加害習性 水を運ぶ能力があるので、湿潤な木材だけでなく、被害は建物、樹木全体に及びます。加害速度も速く、世界中で最も加害が被害が激しい種類の一つです。生殖階級がいなければ増えることはありません。

分布図

神奈川県以西の海岸線に沿った温暖な地域と千葉県の一部、伊豆・小笠原諸島、最南端の南西諸島では全域に生息しています。本州最北端では茨城県潮来市で生息が確認されています。

イエシロアリ分布図

※(社)日本しろあり対策協会資料より

顕微鏡写真

  • 顕微鏡写真

    羽蟻
    眼がある

  • 顕微鏡写真

    羽蟻
    眼がある

  • 顕微鏡写真

    羽蟻
    羽を落とした跡

  • 顕微鏡写真

    羽蟻
    マイクロカプセル剤が付着

  • 顕微鏡写真

    職蟻頭部

  • 顕微鏡写真

    職蟻の口

  • 顕微鏡写真

    職蟻の前脚

  • 顕微鏡写真

    兵蟻の触角